さとういっさい佐藤坦
安永元年、美濃の生まれ。若いころの通称は捨蔵。岩村藩家老を経て林述斎に招かれ林家私塾の塾長になった。昌平坂学問所儒官となったのは七十才から。
思想は陽朱陰王、主著「言志四録」は西郷隆盛も愛読していたそうだ。「宇宙は我が心に外ならず」他人が何と言おうと自己を貫くのが大事というのが信条だが、逆に言うと 「自分の中で理屈がつけば外部の他者はどうなっても平気」ということにもなる。
崋山を見捨てた件などあって、晩年は評判が悪い。最後はすっかりボケちゃったが、 講義の時だけシャッキリしていたそうだ。ペリーとの交渉団にも名前だけは連ねている。安政六年没。
※一斎先生には時計コレクターの趣味もあった。和時計ばかりか洋式クロノメーターまで多数所持し、 公儀天文方の観測用に貸してあげたこともある。伊能忠敬の墓碑銘はそんな縁で書いたものだろう。
※※崋山作の肖像画は、最低11枚のスケッチを経て文政四年完成したものだが、 結局最初のほうの素描が高く評価されている。美術全集などで見比べると興味深い。
十三205-209,214,218十五268十九87-88
A・「日本思想大系・佐藤一斎・大塩中斎」(1980.岩波書店)・「渡辺崋山・秘められた海防思想」(1994.ぺりかん社)・野口武彦「幕末の毒舌家」(2005.中央公論新社) ・中村士「江戸の天文学者星空を翔ける」(2008.評論社)
渡辺崋山/林述斎/松崎慊堂/水野忠邦/ 中井竹山/大槻玄沢/伊能忠敬

目次へ戻る