とくがわいえなり徳川家斉
徳川十一代将軍。政治は前半が定信と「寛政の遺老」、後半は水野忠成にまかせきり。
自分でやった唯一最大の仕事は子供を55人作ったこと。それらが片端から大名の養子・嫁になっていくので、幕末の公文書を読むとどいつもこいつも松平で混乱する。
※家斉をモデルにした鈴木則文監督「エロ将軍と二十一人の愛妾」は蓮實重彦が絶賛した映画である。
九114-117,149,173十41-42十一224-238,275-276,297十二59,81,257十三42-45十四10,27,217-218十五15十六162-165,176-177
幕末一72-74十四18-19
A・「徳川諸家系譜全四巻」(1970-1984.続群書類従完成会)・藤田覚「松平定信」(1993.中公新書)
一橋治斉/松平定信/大崎の局/平岡美濃守 /徳川家慶/一橋家重役/光格天皇/大黒屋光太夫

目次へ戻る