つちやまそうじろう土山孝之
田沼時代の勘定方組頭。平秩東作たちに蝦夷地を調査させる。
天明七年十二月、公金横領の罪で斬首・御家断絶。まあ、 蜀山人や平秩を従えて吉原で豪遊してたのは事実だけど。
わずか二代で消滅した土山家であるが、なぜか20年後に編纂された「寛政重修諸家譜」に特別収録されている。 宗次郎を知る者が幕閣内に残っていたのだと考えたい。
八107-113,221-223,243-247九104,111-116,131,136,187,192-200十102,205十一20,180十三55十六176
幕末一12,92-94
C・杉浦明平「日本の旅人8・太田蜀山人」(1974.淡交社)
田沼意次/松本秀持/平秩東作/荒井庄十郎/太田蜀山人/工藤平助

目次へ戻る