へづつとうさく立松懐之
へのような名前の戯作者
享保十一年生まれる。内藤新宿で「稲毛屋金右衛門」として煙草屋をやりながら、江戸六歌仙のひとり内山賀邸に詩文を学ぶ(まじめな文章では 立松東蒙と名乗る)。やがて平秩東作(実は「書経」が出典。格調高いな)のペンネームで戯作も手がける。太田南畝を源内に紹介したり、土山宗次郎の依頼で蝦夷地調査に 行ったりかなりの名士になったが、炭焼きや材木商の事業で大損。文字通り山師と呼ばれる。
田沼失脚・土山斬首のあおりで急度叱の罰をうけた。この関係で 狂歌アンソロジーから作品が削除されたりしている。寛政元年没。
八112-113,221九192-195
「近世文学研究事典」(2006.おうふう)・浜田儀一郎「太田南畝」(1986.吉川弘文館)
平賀源内/太田蜀山人/土山宗次郎/ 荒井庄十郎

目次へ戻る