もうりひでもと毛利秀元
総大将御名代、大馬鹿三太郎
毛利元就の四男の長男。この漫画ではボンクラ扱いだが、若いころは一廉の人物と言われていた。秀吉が朝鮮役の様子見に行って途中で船が座礁したとき、 挨拶にきてた秀元がいち早く救出して称賛されたこともある。太閤は甥の秀秋を毛利に押し付ける気だったのだが、このことで「血縁に優秀なのがいるならそちらでよい」 と秀元に任せることにしたという(かわりに小早川が犠牲になったが)。その後も朝鮮出兵では多くの戦功をあげており、まともに戦えばわりと強い武将だったのだろう。
めでたく輝元の養子となるも、その後で輝元に実子が生まれたので秀元は分家・後見役ということになった。なんかこう不貞腐れてしまうのはもっともである。 本家の名代として関ヶ原に出陣したが、その顛末はマンガにある通り。戦後は長府藩主となり、長州藩初代藩主秀就を補佐した。平和な時代の政治家としてもけっこう有能であったようだ。 慶安三年に没。
※この人が建てた長府藩が赤穂浪士を粗略に扱ったので非難された、というのは幕末編21巻にあるとおりである。それが祟ったのか、 享保十年に八代目師就が松の廊下を通りがかった時、いきなり見ず知らずの松本藩主水野忠恒に斬りつけられた。 この時は吉宗が将軍だったから、両家とも取り潰さずにおいてくれて助かった。その逸話が「暴れん坊将軍V」第104話の元ネタになっている。
一22,53-68,123,128-134,169,176,188-190,213-217,300二8-17,76-91,202-209,287-289,298三7,20,35-40,65,124十四137,195十五104-105十九117
B・光成準治「関ヶ原前夜」(2005.NHKブックス)・「毛利史料集」(1966.人物往来社)
毛利輝元/吉川広家/小早川秀秋/佐野道可/ 徳川家康/石田三成/長曾我部盛親/大石内蔵助/徳川吉宗

目次へ戻る