よしおちゅうじろう吉雄永宜
地図や禁制品受け渡しの場に同席していた通詞
吉雄幸左衛門の弟の孫。天明七年生まれ。
フェートン号事件でイギリスの脅威に直面した幕府は、文化六年長崎通詞に露・英語の兼修を命じた。忠次郎は英語辞書15冊を収集し、文政八年までに「諳厄利亜人性情志」を編訳。「日本人の英国および英人に対する研究は、まずこの書より始まるというも、過言であるまいと思わるる」(徳富蘇峰)この英学を生かし、文政七年大津浜に来たイギリス人を尋問したのだ。
それより先、文政五年から江戸で天文方勤務になっており、参府したシーボルトが日本人と会談するとき通訳その他周旋した。さらに長崎に帰ってシーボルトの手伝いを続けたが文政十一年逮捕。永蟄居の刑で米沢に送られ天保四年病死。
十三81-88十四43,69-70
呉秀三「シーボルト先生3」(1968.平凡社東洋文庫)・徳富蘇峰「近世日本国民史・堀田正睦(一)」(1981.講談社学芸文庫)
吉雄幸左衛門/間宮林蔵/高橋景保/最上徳内

目次へ戻る