しまづいえひさ島津家久
島津家十八代当主、江戸時代の藩主としては初代。同名の叔父さんがいてややこしいが、こちらは最初忠恒と名乗っていた。
関ヶ原の戦後処理に自ら赴いて処罰なしですませてもらった。しかし藩内は義久派・義弘派などバラバラであり、内部問題を解決するためにも琉球征伐が企画される。 ヘンリー5世と一緒だ。また家康と交渉して許可をもらい、この時一字もらって家久と改名した。
慶長十三年に琉球に侵攻したちまち制圧(自分では渡海していない) して独自の貿易ルートを確立した。また本国でも外城制の整備等を行い薩摩藩の基礎を固めた。寛永十五年(島原の乱が終結したころ)没。
一190,202-209二22-30,33,153-162,192,285-287三19-20,35,65十八232
幕末一10二十八102
B・上里隆史「琉日戦争一六〇九」(2009.ボーダーインク)・光成準治「関ヶ原前夜」(2005.NHKブックス)
島津義弘/島津重年/宇喜多秀家/東郷藤兵衛重位

目次へ戻る