たかはしえちぜんのかみ高橋重賢
長崎奉行
※通称は「三平」であるが釣りが好きだったという記録は発見できなかった。
宝暦八年生まれ。天文方の高橋さんとは無関係で、 吉宗時代に普請役として登用された五十俵くらいの家柄だった。定信以降の北方危機のなかで、勘定方から蝦夷地御用に転じて頭角を現した。
ゴローニン事件では当時病み上がりの体を押して事件解決に奔走し、見るもの感動せざるはなかったという。要するに人柄のいい近藤重蔵なのでどんどん出世した。 文政三年に佐渡奉行、同四年には松前奉行として松前藩復帰を処理し、翌年長崎奉行に赴任した。
シーボルトが長崎で活動するにあたってはこの人のバックアップが不可欠であった。文政九年に大草高好と交代してオランダ商館長の江戸参府といっしょに帰ってきたが、 あの事件で連帯責任を問われたかなんだかで日光奉行に飛ばされる。現地で天保四年に没した。
十三24-25,122-123
C・H・呉秀三「シーボルト先生3」(1968.平凡社東洋文庫)
高橋至時/ゴローニン/近藤重蔵

目次へ戻る